本文へ移動

電子帳簿保存法

2023年「電子帳簿保存法」

2022年1月に電子帳簿保存法の改正が施行され、国税関係帳簿・書類のデータ保存について抜本的に見直しが行われます。大幅な要件緩和が行われるため、改正法への期待が膨らむ一方、規制や罰則も強化されることから、多くの企業が「書類のデジタル化」を進めようとしています。
何をどうすれば良いの?
電子帳簿保存法に対応するためには、新たに様々な作業が必要になり、
また運用の気苦労も絶えません。そんな作業の負担や苦労は、できれば避けたいものです。 投資を抑えるためにアナログな方法で対応することも可能ですが、法律に則った上で、
当初の目的である業務効率化、コスト削減と、DX 推進を実現するためには、サービスの利用がお勧めです。

RICOH証憑電子保存サービスが解決します!

▼お気軽にお問い合わせください

 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0978-22-2172
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
株式会社安部保居堂
〒879-0623
大分県豊後高田市金谷町1185番地
加宝インテックビル302号
TEL.0978-22-2172
FAX.0978-22-4743

IT・OAソリューション:OA機器、コンピューターの販売、LAN構築、サーバ構築・保守、インターネット総合サポート、各業種業務ソフトウェア/オフィスプランニング・オフィスファニチャア、建設ICTソリューション

0
1
9
2
7
0
TOPへ戻る