本文へ移動

i-Construction

i-Construction

業務効率化・品質向上を実現!
新時代の施工方法『i-Construction』

Hokyodoでは建設業全体における業務効率化・品質向上を図るため、3次元マシンコントロールに代表されるi-Constructionをサポートしております。

入札の前段階の技術提案、現場導入および工事成績点アップに向けたご提案のため、システム商品や各種機器の開発や販売・レンタル・メンテナンスなど様々なサービスを実施しております。

i-Constructionとは

国土交通省の建設生産システム革命

2015年11月、国土交通省は建設現場の生産性向上を目的として、ICT技術を活用する取組、『i-Construction』を推進すると宣言しました。
2016年3月30日には「ICT技術の全面的な活用(土工)」の実施方針が表明され、現在の紙図面を前提とした基準類を変更し、3次元データによる15の新基準が2016年4月より導入されています。あわせてICT土工の活用に必要な経費を計上するための新たな積算基準も導入されています。

ICT技術の活用イメージ

Hokyodoがご提供するICT技術

① ドローン/3次元計測器による測量

従来のレベル・トータルステーションを用いた起工測量を空中写真測量(ドローン)、レーザースキャナ等により短時間かつ高領域な測量を行います。

② 3次元測量データによる設計・施工計画

ドローン・3Dスキャナ等で観測したデータから3次元図面を作成、設計図面との差分から、施工量を自動算出することにより、計算作業などの事務作業を簡略化します。

③ ICT建設機械による施工

ガイダンス・自動制御装置の付いた建設機械による施工を行います。 これにより現場作業の効率化・安全性の向上を図ります。 またIoT※(Internet of Things)技術により、作業中に観測したデータを事務所とやりとりすることで帳票作成・設計データの入出力などを効率的に行います。

※IoTとは…モノのインターネット化によりいつでもどこでもデータ交信が行える状態であることを指します。

 

 

 

④ 3次元出来形管理等の施工管理

工事成果物について、空中写真測量(ドローン)、レーザースキャナ、その他の3次元計測技術を用いて出来形管理を行う。また、TS・GNSSによる締固め回数管理技術を用いた品質管理を行う。

 

⑤ 3次元データの納品

ドローン・3Dスキャナの出来形観測データや、ICT建機の施工履歴より得られたデータより、3次元施工管理データを工事完成図書として納品します。

 
株式会社安部保居堂
〒879-0623
大分県豊後高田市金谷町1185番地
加宝インテックビル302号
TEL.0978-22-2172
FAX.0978-22-4743

IT・OAソリューション:OA機器、コンピューターの販売、LAN構築、サーバ構築・保守、インターネット総合サポート、各業種業務ソフトウェア/オフィスプランニング・オフィスファニチャア、建設ICTソリューション

0
0
1
0
7
0
TOPへ戻る